短期集中型の合宿免許

自動車学校に通うためには、1か月から3か月近くの日数が必要なので、仕事や授業の合間を見ながら通うのはかなり大変ななことです。


大学生であれば夏休みの長期の休みを利用すれば何とかなるかもしれませんが、貴重な夏休みをだらだらと自動車学校に通うのも勿体ないと思う方もいることでしょう。

そのような方にとって人気なのは、短期集中型の特別なコースです。
自動車学校によっては通常のコースとは別に、約2週間程度の期間で卒業することができる特別なコースを設定していることが多いので、時間がない方にはおすすめです。
ただし、費用が通常のコースに比べて割高になっていることt、スケジュールが初めから組まれているので、自由に時間をアレンジすることが難しいというデメリットもあります。



もちろん、全く自由がきかないというわけではなく、多少の融通はきかせることが可能です。

もし、費用を安く抑えながら短期集中コースを探しているなら合宿免許が良いでしょう。


合宿免許も短期集中コースのように、2週間程度で卒業することができるようにスケジュールが予め組まれています。



しかも、通学よりも格安な料金設定になっています。



ただし、条件があって、合宿免許は地元の人が参加することができず、県外、あるいは住民票が地元の市町村にない方が対象となっています。

これは合宿免許が他県の教習生を集めて、生徒数を少しでも増やしたいという自動車学校側の思惑があるからです。