合宿免許と年齢制限について

自動車学校に通う場合、通常年齢制限などありませんから、健康な方なら特に年齢を気にする必要はありません。

しかし、合宿免許の場合は違います。
どういうことかと言いますと、通学と異なり、年齢制限を設けている合宿免許が多いので注意が必要なのです。



具体的には、多くの自動車学校では25歳以下の若者を対象にしています。25歳というと、ずいぶん若い人を対象にしていると感じるかもしれませんが、実際には、合宿免許に参加する人のほとんどが大学生なので、この25歳以下に当てはまり、年齢制限があることでトラブルが起こることはまずないと思われます。



しかし、どうして25歳という年齢制限など設けているのでしょうか。年齢制限を設けるということは、それだけ生徒を限定してしまうことになるので、自動車学校側にとってはあまり得策ではないように感じるかもしれません。


ところが、そうでもないのです。
多くの合宿免許では保証制度を設けています。

安心できる和歌山の合宿免許の珍しい情報をご紹介しています。

これは万一、卒業までに追加の教習を受けなければならないことになっても、費用に関して追加負担が発生しないように保証する制度ですが、その結果、追加教習のために発生した費用を自動車学校側で負担しなければならなくなりました。

そこで、このリスクを少しでも軽減するために、追加教習を受ける可能性が比較的少ないと考えられる25歳以下の若者を対象としているわけです。


25歳以上の方でも申し込むことができる合宿免許の場合は、追加教習に関する保証内容が異なっていることが多いようです。