合宿免許のデメリットをメリットへ

合宿免許にはいくつかのデメリットもありますが、そのデメリットを逆にメリットと考えることもできます。

たとえば、夏休みや春休みに参加者が集中することです。
これは主な合宿免許の参加者が大学生であることが大きな理由です。合宿免許では約2週間の期間、スケジュールが組まれており、それを変更することができません。

したがって、授業がある期間は参加したくても参加することができません。

だから夏休みや春休みの長期の休みに人気が集中するわけです。

長野の合宿免許を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

しかし、人気が集中するので費用もその分高く設定されています。

他の自動車学校との生徒争奪戦が繰り広げられているので、むやみに高くすることもできませんが、それでもオフシーズンに比べると高くなります。

しかし、逆に5月、6月、10月、11月などのオフシーズンでも時間的に問題がないという方は、費用が安くなるこの時期に参加するのがおすすめです。



しかも空いているので、ゆったりとした気分で練習に取り組むことができます。

また、東北や北海道で冬から春先にかけての季節に合宿免許に参加する場合、雪の中での教習になる可能性が高くなります。雪がなくても、初心者は運転が難しいのに、ましてやベテランドライバーでも難しい雪の上を走るのは、本来避けるべきところです。

しかし、いつかスキーに行くつもりであるとか、雪国に転勤の可能性があるなどという場合は、教官を横に乗せて雪の上を走っておくと、突然雪の上を一人で走るよりも良いかもしれません。