通学と合宿免許は何が違うのか

今現在、最も多くの人が利用している「運転免許を取得する方法」は自動車教習所です。自動車教習所を卒業し、実技試験免除資格を得た後に運転免許センターなどで行われる学科試験を受験すると言う流れが基本的なものになります。この方法が悪いとか間違っていると言うことは一切ありませんが、「もっと安く、短期間で卒業出来る方法」として合宿免許と言うものがあります。
それぞれの違いに関して、最も大きな部分は「料金と期間」です。


通常の場合、普通自動車免許を取得する為のプランに参加するのであれば30万円程度(25~35万円ほど)が料金相場となっています。



周りの人もみんな同じくらいのコストを掛けているので疑問に感じない人も多いかもしれませんが、これほどの費用が掛かると言うことで運転免許取得を断念してしまう人も中にはいます。

合宿免許の場合、料金相場としては20万円ほどとなります。



いずれの方法に関しても、内容・参加時期など様々な要因によって料金は変動します。



必ずこの金額が必要になると言う訳ではありませんが、おおよそこのくらいの料金がかかると言うことは覚えておく必要があります。

また、期間に関しては「通常は1か月以上、合宿免許は2週間」で卒業することが出来ます。


期間が短くなっても取得できる免除資格は全く同じものとなる為、より早く運転免許を取得したいと言う人にとっては非常に大きなメリットがあります。

通常の場合も1か月程度で卒業できることが多いのですが、場合によっては3か月以上かかってしまうこともあるので違いは大きなものです。