まずは害獣を侵入させないようにしましょう

ハクビシンは、一見タヌキのようなイタチのような小柄な動物ですが、ネコ目ジャコウネコ科に属する動物です。

顔の特徴として鼻筋に白い筋が入っていることから「白鼻芯」または「白鼻心」と書きます。

中国や東南アジア、南アジア、台湾、日本に生息しています。
ハクビシンは雑食性ですが、特に果物や昆虫を好みます。

中でもみかんが大好物です。
このようなハクビシンですが、民家の屋根裏を住処とする場合があります。

特別なイノシシ対策の様々な情報を掲載しています。

ハクビシンは完全な夜行性です。


森林なら全く人間に影響はありませんが、夜になると天井裏で足音などの騒音が引っ切りなしに続くようなら、住んでいる人はたまったものではありません。
睡眠の妨げになるのはもちろん、ハクビシンとわかっていない場合は奇妙な騒音の原因に悩まされます。

お手軽なイタチ対策情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

ハクビシンに入居侵入されてしまった場合は、騒音だけでなく、糞尿や病原菌、小さなお子さんやペットへの被害なども心配です。

外敵から身を守れたり食べ物に困らなかったりと、人間の生活範囲に入って来てしまうがために有害とされてしまうわけです。



ハクビシン対策としては、まず民家に侵入させない事が第一です。

屋根裏に行くことができるような木の枝を切ったり、庭の草木を手入れして見通しを良くしましょう。
また、ネコやカラスなどにも言えますが、生ゴミの放置は厳禁です。

侵入された場合のハクビシン対策は、被害をもたらす個体に限り自治体の許可を受けた上で、通り道や住処の出入り口、餌場に捕獲器を設置します。


また、苦手なニオイのする忌避剤(きひざい)で追い出すことも有効です。
自分たちでのハクビシン対策がうまく出来ない場合は、業者に依頼するのも良いでしょう。



MENU